watchdog icon
新着トラックバック記事
このBlogについて/BBS
リンク集
その他
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

music-watchdog's trackback center

”音楽の自由”のための、Tバックセンター(各々のタイトルクリックでトラックバック記事一覧を見る事が出来ます。)
| main | 輸入禁止CD/CD発売時期・価格等に関する情報 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | Clip!! |
"還流防止"目的を超えて「輸入権」が行使されたCD及びそのライセンサー/ライセンシーに関する情報
いよいよ05年1月1日より改正著作権、いわゆる「CD輸入権」がスタートしますが、その本来の改正主旨である「邦楽(国内盤)の保護」という範囲を超えて、海外盤、いわゆる洋楽レコード・CDに対して”輸入権行使”されたor行使されようとする動きがあった場合、CD及びライセンサー/ライセンシーに関する情報等も同時にお寄せください。
[ Tバックセンタ-管理人注]
海外盤に「輸入権」が適用される場合、その主体は”海外レコード会社”なので「止めようが無い」という説もありますが、”法律による権利の行使”以前にまず”CDの輸入”という商行為ありき、なわけですから(海外レコード会社が契約時に権利行使を主張してきたとしても)ライセンスを結ぶ国内ディストリビューター(含大手レコード会社輸入盤部)はライセンス契約時に輸入権行使を認めるべきではありません。また、「輸入権」がまず文化庁に対して書面による申請→認可という流れを経て初めて適用されるのですから、たとえ海外レコード会社が権利行使の申請をしてきた場合も文化庁は(法律の設立主旨を説明した上で、法改正以前から可能であった)「ライセンス契約上で可能な、非ライセンス契約者の輸入禁止」に留めるように”行政指導”する「立場」にあります。・・・もし万が一に「CD輸入権が行使された洋楽レコード」が出た場合、このような理由から「”国内ディストリビューション契約者”及び”文化庁”」も批判されて然るべき対象となりえます。
・・・・”法律では権利が認められているが「社会的同義」上、もしくは「商習慣」上『余程の覚悟』が無い限り行使できない権利”というのは実は沢山あります。・・・・「洋楽レコードに対しての輸入権行使」を「社会的同義上許されない行為」と位置付け、より一層厳しくwatch-dogしていく必要があります。
| - | - | trackbacks(0) | Clip!! |
スポンサーサイト
| - | - | - | Clip!! |
http://musicwatchdog.jugem.jp/trackback/15